Top > 夏のダイエット コーヒー

夏のダイエット コーヒー

これからの暑い季節、今までよりも冷たい飲み物を飲む人が増えてきます。特に、社会人は通勤途中で朝コーヒー、オフィスでもコーヒーと一日に何杯も飲むことが多いと思います。

このコーヒーですが、最近、コーヒーはダイエット効果に影響があると見られています。コーヒーの成分に脂肪燃焼効果があるというのです。又、コーヒーを飲むことにより心が落ち着き、食べすぎを防ぐことができるともいわれています。ですからコーヒーを飲むことはダイエットにはいいのです。

では、コーヒー自体のカロリー数はどうなのでしょうか。缶のブラックコーヒーは100ccあたり4kcal。スターバックスのホットコーヒーはSサイズで14kcal、アイスコーヒー9kcal。スターバックスラテホットはSサイズで135kcal、アイスで92kcal、カプチーノはSサイズで70kcal。マクドナルドのホットコーヒーSサイズで7kcal、アイス6kcal。ドトールのホットコーヒーSサイズで5kcal、アイスで9kcal、カフェモカSサイズで178kcal。

こうして見てみるとわかるように、ブラックコーヒー自体のカロリーは大変低いのですが、ミルクや砂糖など他の材料を含む場合はかなりの高カロリーとなります。そしてホットよりもアイスの方がカロリーは低い傾向にあるということです。

これらを考慮して、大きめのサイズを飲んでいた人は、少し小さめのサイズに変更したり、アイスコーヒーにはガムシロやクリープを入れないでブラックで飲むようにする事、どうしても甘いものを飲むなら、小さいサイズでおやつと認識して飲むようにする事などで、かなりカロリーが違います。上手にコーヒーを活用して、ダイエットを成功させましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
夏のダイエット(2015年2月28日)
夏野菜(2015年2月28日)
夏野菜2(2015年2月28日)
栄養素(2015年2月28日)
夏のダイエット 食事(2015年2月28日)