Top > 夏のダイエット アイスクリーム

夏のダイエット アイスクリーム

暑い季節にはアイスクリームは特に恋しいものですが、一般的にアイスクリームは高カロリーだからダイエットには大敵と思いがちです。しかし実際にはアイスクリームを食べても太らないのです。要は食べ方次第なのだそうで、希望の光が見えてきましたね。

では、アイスクリームを食べても太らない食べ方を紹介しましょう。アイス類の区分は乳脂肪の含有量によって、多い順番にアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓となっていますが、乳脂肪の含有量が多いほどカロリーが高いのかというと必ずしもそうではありません。安価で手軽に食べられるラクトアイスは、乳脂肪そのものは少なめですが、植物性脂肪を入れているので高カロリーになります。氷菓のカキ氷は一見低カロリーのようですが、練乳やアイスクリームが含まれているものは高カロリーです。選ぶならシンプルな氷だけのものを選びましょう。

そして何よりも、クッキータイプが高カロリーです。ソフトクリームなどのコーンもとてもカロリーが高いので、避けましょう。ソフトクリーム自体は空気が多いのでイメージ程のカロリーはありませんので食べても大丈夫です。そして、ミルクが含まれているものは当然カロリーが高いので、アイスミルクはさけましょう。
一番のお勧めはフルーツシャーベットなどです。ただし、大きさは小さいものにしましょうね。

次に、アイスを食べる時間帯なのですが、15時~18時がベストタイムで、午後の体温が一番高い時間帯だからです。逆に一番いけないのは、夜遅くに食べることです。大好きなアイスが食べられないというストレスを抱えると、ダイエットも成功しなくなるかもしれません。

1週間ダイエットをがんばったら、週末のベストタイムにご褒美としてアイスを1つ食べるなど、マイルールをつくって、この夏のダイエットを上手に成功させてください。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
夏のダイエット(2015年2月28日)
夏野菜(2015年2月28日)
夏野菜2(2015年2月28日)
栄養素(2015年2月28日)
夏のダイエット 食事(2015年2月28日)