Top > ピラティス 呼吸法

ピラティス 呼吸法

ピラティスの特徴は、息を鼻から吸い口から吐く呼吸法「胸式呼吸」にあって、腹式呼吸よりも多くの酸素を体内に取り込むことが可能な点です。深く呼吸すると筋肉や神経をリラックスさせることができます。

その呼吸法を詳しく説明します。まずはピラティスの基本姿勢ですが、仰向けに寝てひざを立てます。次に、足の裏を床にぴったりとつけて、坐骨が床から浮かないように注意します。更に、背骨を反らないようにして体にとって一番正しい姿勢のS字カーブを保ちます。腕は体の横に自然に置くようにしましょう。

呼吸法は、まずリラックスした状態で鼻からゆっくりと大きく息を吸い5秒ほど止め、胸全体に空気が行き届くように、肋骨を左右に開くようにします。ピラティスは腹式呼吸ではないため、息を吸い込んだときにお腹が膨らまないように注意しましょう。

口から息を吐く時は、おへそが背中にくっつくようなイメージで、骨盤底筋を引き上げていきますが、お尻の筋肉に力をいれないように気をつけましょう。

又、骨盤を引き上げる際に、骨盤を傾けないように気をつけましょう。ここでのポイントは息を吸いながら背骨を伸ばして、自分の体が大きくなるようなイメージを持つことです。ピラティスの動きは全てこの呼吸法を基本として行っているのです。きっちりとマスターして、効果を高めましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
夏のダイエット(2015年2月28日)
夏野菜(2015年2月28日)
夏野菜2(2015年2月28日)
栄養素(2015年2月28日)
夏のダイエット 食事(2015年2月28日)