Top > ピラティス 実践編

ピラティス 実践編

更に、ピラティスのフィットネスについて、実践編を紹介します。はじめにコツなのですが、ピラティスをしている時は、常に動かしている部分の意識を集中させて運動するようにしましょう。普段動かすことのないコアな筋肉を動かすので大事なポイントです。

次に、ピラティスの基本姿勢(ニュートラル)というものを常に意識しながら、体を動かすようにします。ここで間違った姿勢になっているとピラティスを行う効果はでませんので、基本姿勢に忠実に行いましょう。まずは、柔軟性とコアの基礎ですが、次のA~Dを1セットにしてください。

A.仰向けの基本姿勢をとります。
B.息を大きく吸って吐きながら骨盤底筋を引き上げます。
C.背骨もゆっくり床から離して、中間地点のバランスがとれるところまで動かします。
D.小さく息を吸って吐きながら基本姿勢に戻ります。
腹筋運動はA.Bで1セットです。

A.基本姿勢から頭に両手を当てて、息を吸って吐きながら腹筋を使って上体を起こしていきます。
B.そして息を吐きながら基本姿勢に戻ります。

次は、ぽっこりとでたお腹に効果的な運動ですが、A~Cで1セットです。
A.基本姿勢から頭に両手を当てて、左足をまっすぐにして少し上げます。
B.その上体から息を吸って吐きながら左肘を右膝のほうへひねります。
C.同様に反対側をやります。
腰をひねることは、ぽっこりお腹を解消するのに最適です。

先程も言いましたが大事なことは常に基本姿勢をキープすることなので、自分の姿勢が見える鏡などの前で行うとよいと思います。無理せず少しずつ始めていきましょう。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
夏のダイエット(2015年2月28日)
夏野菜(2015年2月28日)
夏野菜2(2015年2月28日)
栄養素(2015年2月28日)
夏のダイエット 食事(2015年2月28日)